ワキガと汗臭さって何が違うの?

ワキガ 汗臭い

ワキガと汗臭いの違いですが、汗の出る汗腺の違いということで、汗から来るものであることは共通しています。
普通の汗は、エクリン汗腺というところから出てきます。ワキガの汗はアポクリン汗腺というところから出てきます。
エクリン汗腺の汗はほとんどが水分で、それ自体は臭いの原因にはなりませんが、一緒に流れ出る古い皮脂や角質が雑菌と作用して、臭いを発生させます。
アポクリン汗腺からの汗は、脂質やたんぱく質などを含んでおり、これらが雑菌と作用すると、普通の汗とは違い一種独特の嫌な臭いを発生させます。
普通の汗の対策としては、身体を清潔に保つことや汗をかいたら下着やシャツを着替えるとかで済みますが、ワキガの汗は同じ対策で少しは汗臭いのを軽減できますが、汗腺が違うので、もう少し対策が必要になります

 

まずは、程度の問題がありますが、お風呂に入ったときにわきの下を丁寧に洗うことです。頭髪用のシャンプーで、髪の毛を洗ったついでにわきの下のも泡を当て、柔らかいブラシなどで洗うのも効果的です。ミョウバンということも昔からの方法として知られています。
しかし、ワキガの汗臭いのが、そうしたこまめな手入れで直らないというときは、やはり専門の病院で見てもらい、手当してもらった方がいいでしょう。
社会人となり、外でお客さまやお取引関係の方とお会いしたとき、嫌な臭いをまき散らすわけには行かないからです。
自分でも気がつく人はいますが、どうかすると自分では気づかないこともあるので、ご家族や友人にも協力してもらうことです。