わきがが悪化することってあるの?

わきが デオドラント 悪化

わきが対策としては脇汗と殺菌が基本です。
わきがの原因というのは、脇のアポクリン汗腺から分泌される汗が、脇に繁殖している雑菌により分解され、わきがの臭いのもととなる物質になってしまうことです。
そのため、わきがを防止するためには、脇汗を抑えることと脇の雑菌を減らすことです。
わきがを防止する目的でデオドラントを安易に多用してしまう人も多いですが、デオドラントの安易な多用はわきがを悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。
デオドラントは汗の分泌をおさえたり、雑菌を殺菌することでわきがなどの体の臭いに効果を発揮します。
デオドラントの制汗作用は、塩化アルミニウムなどの粒子を汗腺の穴に取り込ませることによって、物理的に汗の分泌をおさえるというものです。
穴をふさぐことで汗の分泌をおさえるというものなので、確かに効果はあるのですが、使いすぎるとかえって汗の量が増えてしまうことになります。

 

本来、汗は体温を下げたり、体の中の余分なものを排出しようとするなど、人間の体にとって必要な生理機能です。
デオドラントは汗腺の穴を無理やりふさぐことによって、汗の分泌をおさえるというものなので、人間の体にとっては負担になるんです。
汗を無理におさえようとすると、人間の体は抵抗して、もっとよけいに汗を分泌しようとするということです。
人前に出るときなど、一時的にデオドラントを利用するのは問題ありませんが、わきがが気になるからといって、毎日のように使ってしまうと、かえって汗が増えてしまい、わきがも悪化してしまうこともあるそうです。
デオドラントを使う際は、適量を守るようにして、わきがが悪化してしまわないように注意する必要がありますね。

 

>>わきがクリームランキング