ノネナール臭って洗えば落ちる?

ノネナール臭 洗濯

ノネナール臭は「加齢臭」や「オヤジ臭」とも言われる悪臭で、主に40代以上の中年男性の体臭を指しています。その原因となるノネナールは、皮脂腺の汚れに空気中のバクテリアが付着して繁殖し、酸化反応を起こして発生します。中年になると代謝や抗酸化力が低下し、皮脂汚れが溜まりやすくなり、ノネナールが発生しやすくなります。喫煙や飲酒、ストレス、不規則な生活、脂っこい食事なども、ノネナールを発生させる原因となっています。ノネナール臭は衣類に付着し、蓄積されます。このためノネナール臭対策は衣類に付着した臭いを分解することです。
一般の洗剤を使った洗濯方法では、衣服にしみ込んだノネナールの成分を分解する事ができず、ノネナール臭を落とす事ができません。
この様な場合は、ヌーラなどのノネナール臭をはじめわきが臭や靴下臭などに効果のある消臭剤を使用する事がお勧めです。スプレーするだけで衣類に付着した約97%の体臭を除去する事が出来ます。
ヌーラは消臭成分がノネナール臭などの臭い分子とイオン化結合し、瞬間的に無臭の分子に変化させるもので、従来の活性炭などによる吸着方式や、他の強い臭いに置き換えるマスキング方式とは根本的に異なる消臭方式です。このため大量の悪臭を瞬間的に分解して、消す事ができます。しかもヌーラの効果や安全性は公的機関で保障されています。
ヌーラの使用法は洗濯後の下着やワイシャツなどに全体がしっとりするくらいスプレーするだけです。洗濯直後の濡れている状態でも構いません。スーツの上着の内側などにスプレーしておくと更に効果的です。