制汗剤とデオドラント剤の違いとは

制汗剤とデオドラント剤の違いとは

「自宅でできるワキのニオイ対策は?」と問われたら「制汗剤」や「デオドラント剤」と答える方が大半ではないでしょうか。
確かに制汗剤もデオドラントもワキのニオイに悩む方の必須アイテムではありますが、実はこの2つはイコールではありません。
制汗剤をもっと正確に表現すれば発汗抑制剤、と言うことになりますしニオイ自体よりも汗を対象に働きかけるものです。
一方デオドラント剤はニオイそのものに働きかけるアプローチ方法でつくられていますから、バクテリアなどの雑菌が繁殖しないような成分や消臭効果、脱臭作用を発揮する成分が配合されています。

 

最近は制汗デオドラントなど、制汗効果と消臭効果を併せ持つ商品もたくさん出回っていますが、この手のアイテムを購入する時にはどんな目的でどのような成分が配合されているのかしっかりチェックしましょう。
ワキのニオイが強い場合、ただ単にクール成分が噴出されるものやアロマの香りが漂うだけのものだと思うような効果が得られないかも知れません。冷やして制汗し殺菌して消臭、
など合わせ技でワキのニオイに備えるタイプのものがオススメです。

 

ちなみに、デオドラント剤はご自宅でも手作り可能です。昔から消臭剤としてお馴染みのミョウバンと同じレベルの消臭、殺菌効果を発揮する重炭酸ソーダ...重曹をベースに、ペパーミントやユーカリ、ローズマリーなどワキのニオイ対策にぴったりなアロマオイルやエタノール、精製水をスプレー容器でよく混ぜればハンドメイド消臭&殺菌剤の完成です。
重曹をただ精製水で溶かしたものだけでも十分に効き目を発揮しますし、普段の足浴や入浴中入浴剤として振りかけるのもオススメです。