お風呂にきちんと入ることでワキの臭いは軽減できます

お風呂 ワキの臭い

ワキのニオイを抑えるお風呂の入り方、それはズバリ「シャワーより湯船にゆっくり浸かるバスタイム」を心掛けることです。
多汗症など人よりも汗を大量にかいてしまう体質の方は、こまめにシャワーを浴びて常に身体を清潔に保つ対策も必要です。
けれど1日に何回かシャワーを浴びたとしても、できれば毎日1日に1回は15分程度でもしっかり湯船に浸かって汗をたっぷりかきましょう。

 

もちろん、入浴前には水分を十分に補給する必要がありますが、湯を張った湯船に身体を沈めじっとしていると身体中の毛穴から汗と共に老廃物と余分な水分が排出されます。
ワキのニオイを気にしている方はできるだけ汗をかきたくない、と抵抗を感じるかも知れません。
けれど人間の体内の7割以上を占める水分は、常に循環させいつもフレッシュな状態の良質な水で満たしている状態が理想的です。
水を飲んでも冷え性であまり汗をかかない方は、入浴対策などで意識して発汗しないと体内で停滞している古い水分が内蔵から身体を冷やしたり血液もドロドロになる傾向があります。

 

ミネラルウォーターをごくごく飲んで運動や入浴で汗をしっかりかけば、体内の水はけが良くなる、と申しますか良い汗をかけるようになってワキのニオイも含め体臭が軽減されます。
入浴中は体調に合わせて全身浴や半身浴を使い分け、休みの日には岩盤浴やサウナ、よもぎ蒸しや足浴など色々な方法で発汗する習慣をつけましょう。
良い汗をかけるようになるにつれ、体質はどんどん改善されます。

 

お風呂でダメならワキガクリームも検討してみてください

 

>>ワキガクリームランキング2017