そのワキのニオイ、病気かもしれません。

ワキのニオイ 病気

普段から意識してワキを清潔に保つことでワキのニオイは随分軽減されます。
ただしワキガや多汗症など病的な理由でワキのニオイがきつい場合、医療機関での治療も検討しなければなりません。
体質的に大量に汗をかいてしまう多汗症はワキガほどワキの下が臭うわけではありませんが、やはり発汗しやすいことでバクテリアに狙われやすくなり人並み以上のケアが必要なことには変わりありません。

 

多汗症は汗と言う目に見える症状を伴うので自覚しやすい病気ですが、ワキガの場合ニオイと言う目に見えない症状に見舞われる為強烈なニオイを放っていても自分では気づかないことも。
またワキガは遺伝性も強く家族全員がワキガの為、強いニオイに鼻が慣れてしまいニオイの違和感を感じにくくなってしまうとの意見も...。

 

ワキガにしても多汗症にしても、生命を奪われるなど日常生活が送れなくなるような病気ではありません。
けれどきついワキのニオイは周囲にも迷惑をかけますし、強烈な香水同様嫌われてしまう可能性大です。

 

もし病的な原因でワキのニオイが強くなっている場合、ご自身の普段のケアだけでは対応しきれない恐れがありますから、一度医療機関で診て貰うことをオススメします。
最近はボトックス注射による治療など、メスを使わない治療方法も色々ありますし、軽度のワキガ、多汗症なら効き目の強いドクターズコスメのデオドラントクリームなどで手軽にケアできる可能性もあります。

 

ちなみに、「耳垢が粘ついている」、「衣類の汗ジミが黄ばんでいる」、「ワキガの身内がいる」、「脇毛の量が多い」などの項目に当てはまる場合ワキガの確率が高いそうです。

 

>>ワキガクリームランキング2017はこちら