日本人 体臭

 

日本人の体臭は無い、と昔から言われています。
確かに代々農耕民族だった日本人は筋金入りの狩猟民族よりも体臭がきつくない傾向があります。
けれど食生活が欧米化して久しい現在、日本人だからと言って安心はできません。

 

特にワキのニオイは体臭そのものとは別に臭うものです。元々体臭がほとんどない方でも汗をかいたまま放置すればワキのニオイが強くなりますし、ただでさえ汗腺が集まっている上に蒸れやすいワキは油断できない部分です。
また、若い頃ワキのニオイトラブルがなかった方でも、長年の生活習慣の影響で知らず知らずにワキのニオイが強くなっている可能性は十分にあります。
普段からお肉類をよく食べている方も要注意ですし、水分不足や飲酒、喫煙習慣でも体臭やワキのニオイは変わります。

 

厄介なのは、ワキのニオイは自分では気付きにくいこと。
嗅覚の性質から自分のニオイには鈍感で他人のニオイには敏感になる傾向がありますから、自分では大丈夫だと安心していても周りからは「ワキのニオイが強い人」と思われている恐れもあります。
口臭同様、ワキのニオイは迷惑に感じていても中々口に出して指摘や注意がしにくいものですよね。
香水でごまかす、と言う手段は実は逆効果で、ワキのニオイが混ざってせっかくの香水の良い香りの魅力も半減する上、よく分からない強烈なニオイに変化してしまう恐れがあります。
常に清潔に保つ、と言う基本的かつシンプルなワキのニオイ対策は身だしなみの1つとしていつも意識しておきましょう。

 

>>わきが・脇汗対策にはわきがクリーム2017